高い保険料と安い保険料の見分け方
がん保険NAVI【あなたのがん保険は大丈夫?】

保険料の格差の違いについて
 

安い理由・その1 保障が少ない
入院保険を見ると分かりますが、通院限度日数で60日、一日あたり5千円の入院給付金など、日数の期限が短い場合。

安い理由・その2 保険期間が短い
保険期間が短い場合。短い期間だけ保障すればいいので支払うリスクが減ります。
保険会社は高額な保険料を集めなくても十分に収支が合う事になります。
もし保険料を比較したとき、比較的に安い保険料があったら、保険期間が短い場合があります。

安い理由・その3 保障内容が限定的
ある特定の病気や、事故、その他条件を限定して保険金の支払いを行う保険は、支払う事故が限定してきますので保険料も安くなります。
「がん」という病気に限定したがん保険などがそうです。

安い理由・その4 掛け捨てである

貯蓄目的が全くない為に、単純に保険料のみとなります。保険期間が長いと貯蓄性が高くなり保険料も高くなります。保険料が安いケースの場合は掛け捨てであるかどうかを確認してください。

比較的に安い通販商品
最近は、テレビや新聞、雑誌などで販売する通信販売の保険商品を目にします。
電波媒体や誌面つくりにコストがかかりますが、人件費を削減するメリットがありますので、保険料を抑えることができます。
何よりも商品を説明するスペースや時間が限られています。
その限られた中で、メリットを主張す事にるなります。そこで伝えられなかった事は、送られてきたパンフレットや申し込み書にきちんと書いてあります。
それを読まないで、広告で出来上がったイメージだけで加入をしてしまうと、あとで後悔をする事になりかねません。

内容の確認は納得いくまで考えましょう。
問い合わせ先を充分に活用しましょう。
あなたの保険は大丈夫ですか?
生命保険の加入や見直し相談を
ファイナンシャルプランナーが
全国無料で診断中!
ros.jpg 
 
がん保険NAVI【あなたのがん保険は大丈夫?】トップページへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23296114



相互リンク・SEO対策 Link1-2-3 検索エンジン登録 ASSISTANT
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。