がん保険が必要な理由がん保険NAVI【あなたのがん保険は大丈夫?】

 日本人の死亡原因の一位は『がん』です。
 年齢が高くなるにつれて、『がん』が主な死因の上位を占めています。
「がん」を治すために、最先端の治療法や自由診療扱いとなる治療を行うと治療費も高額になります。
それに、『がん』は他の病気と比べ再入院率が高い病気となり、費用の負担もかかってきます。 

そこで頼りになるのががん保険です。
 『がん』が心配な人の強い見方になってくれる保険です。
通常の医療保険に比べて、がんに対する保障はかなり手厚いのが特徴で、がんに保障対象を絞ったため、保険料が割安な事が多いのです。
 
がん保険は「がん」と診断された際に診断給付金が給付され、「がん」で入院・手術をした際に給付金が支払われる等、がんに関する保障に特化した医療保険です。「がん」による入院の場合入院給付金が無制限で給付されるのが大きな特徴です。
  41.gif

『がん』とは?
がんの正式名称は「悪性新生物」です。
体内の細胞の中にある正常な遺伝子が発がん物質やタバコ・紫外線などの影響により傷つけられることによって、突然変異を起こし増殖し、転移していく事で増大し、生命を脅かす病気です。
 
『がん』ができた場所によっては、 「上皮内新生物」と呼ばれることもあります。
「上皮内新生物」は「がん」が粘膜の一番上の上皮内と呼ばれる場所にできる初期段階の「がん」のことで、一般にはこの段階で適切な治療が行われた場合、転移の可能性はほとんどないといわれています。
 
最近、耳にするアスベストも肺線維症、肺がん・悪性中皮腫の原因になるとされています。 

あなたのがん保険は大丈夫ですか?
現在加入中の「がん保険」が本当にあなたにあっているの?
加入の保険の医療保障だけでは不安な方
医療保障をガンに絞って保険料を抑えたい方
ガンにかかったことがある家族がいる
 
と、お考えの方!がん保険のご検討をおすすめします。

資料請求はこちら!

 ↓ ↓ ↓
生命保険の検討なら、その場で各社の保険料が見られる保険モール

 


がん保険NAVI【あなたのがん保険は大丈夫?】トップページへ

今のがん保険で大丈夫ですか?がん保険NAVI 【あなたのがん保険は大丈夫?】

がん保険に入る際の注意点≫

保障の範囲を明確に把握しましょう。
その他の成人病等にも保障はあるのか?
がん保険は審査のないものが多く、保険料が他に比べて安いため、気軽に入って、がんではなく事故にあった時、心筋梗塞になった時、必要な保障が足りなかったという事もあります。(特約などを注意しましょう)
通販等で加入する際は、必ずよく資料をよく読んで、入る目的を考えて検討しましょう。
外交員に進められて入る際も、わからない事は必ず質問し、よく内容を理解してから入りましょう。

がん保険に入るタイミングは?≫

がん保険は誰のため入りますか?
がん保険は、入りたいと思ったときが考えるタイミングです。
普段はなかなか考えられないことかもしれませが、知り合いが入院した、結婚したからなど、何か機会があって考えるようになる人もいます。
既に入っている保険のことも考え、経済的なことも重視して検討するのが良いと思います。

がん保険の給付金について≫

がん保険の給付金には下記のようなものがあります。

<一時金>
がんと診断された時点でまとまったお金が給付されます。早い段階で自由な治療を受けることを検討できます。
<入院給付金>
がんの場合は一度入院して再入院ということも考えられます。そうしたときに、何回でも入院した日数分だけ給付金が受け取れる物もあります。
長期入院も安心です。
<特約など>
通院給付金、診断給付金、在宅療養給付金などがあります。
通院給付金は1.000円〜3.000円くらいあり、タクシーで通院する場合などにあてることができます。
※女性疾病特約や万が一の保障を増額するといった特約もあります。
np.jpg
≪今のあなたのがん保険はあなたにあっていますか?≫  

保険の外交員ではなくプロのFP(ファイナンシャルプランナー) に相談してみませんか?
保険料は払いすぎていませんか?
今の内容で大丈夫か、
プロの意見を聞いてみませんか? 
 ⇒
 ⇒
 ⇒
 



FP(ファイナンシャルプランナー)とは?

資産運用全般のアドバイスを行う専門家このとです。
年金・保険・不動産・税金・金融・住宅ローン・投資・相続などお金に関するトータルな知識で、資産設計や人生設計をサポートするプロフェッショナルです。 
 
 がん保険NAVI 【あなたのがん保険は大丈夫?】のトップページへ 



相互リンク・SEO対策 Link1-2-3 検索エンジン登録 ASSISTANT
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。