保険会社の格付けについて
がん保険NAVI【あなたのがん保険は大丈夫?】

保険会社の格付けはあくまでも目安です。
実際に各外資会社を調べようとしても、外国保険会社の日本支店はよく分からない存在です。もちろん「○○保険会社」という外国の会社自体は日本のトップ保険会社よりもとてつもなく大きく、格付けはAAAだったりします。だから安心なはずなのですが調べるとよく分かりません。

 
日本の支店としての格付けや会社の安全性をはかるソルベンシーマージン比率が分かりません。まあ支店なのですから、なにかあれば本社が面倒見るので大丈夫なのでしょうが……。
 

※ソルベンシーマージン(solvency margin)とは、「支払余力」を意味します。
保険会社は、将来の保険金などの支払いに備えて責任準備金を積み立ています。大災害や株の大暴落などの予想もしない出来事が起こる場合、通常の予測を超えて発生するリスクに対応できる「支払余力」を有しているかどうかを判断するための行政監督上の指標の一つがソルベンシーマージン比率です。200%以上であれば、健全性についての一つの基準を満たしていることを示しています。

cc.gif
≪格付の説明  スタンダード&プアーズ

AAA…保険財務力が極めて強い。 スタンダード&プアーズの最上級の格付。
AA…保険財務力が非常に強い。 最上位の格付(AAA)との差は小さい。
A…強い保険財務力を有するが、上位2つの格付に比べ、事業環境が悪化し た場合、 その影響をいくぶん受けやすい。
BBB…保険財務力は良いが、上位の格付に比べ、 事業環境が悪化した場合、その影響を受けやすい。
BB…保険財務力が限界的である。プラス要因もあるが、事業環境が悪化した場合、債務を履行する能力が不十分になる可能性がある。
B…保険財務力が弱い。事業環境が悪化した場合、債務を履行する能力が損な われる可能性がある。
CCC…保険財務力が非常に弱い。債務の履行は良好な事業環境に依存している。
CC…保険財務力が極めて弱い。債務をすべては履行できない可能性がある。
R…債務履行能力に関して規制当局の監督下にある。「R」は、違反行為など、財務上の問題と関係のない事柄によってのみ付けられることはない
NR…格付がなく、保険財務力に関する意見をスタンダード&プアーズは持たないことを示す。


各保険会社の保険会社格付情報を参考にしてください。
 

がん保険NAVI【あなたのがん保険は大丈夫?】トップページへ


相互リンク・SEO対策 Link1-2-3 検索エンジン登録 ASSISTANT
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。